【ボクのおなぺっと全比較】安いオナホの長所短所まとめ【ボクオナのおすすめ3選】

2022年1月26日

※アフィリエイト広告を利用しています。

ボクのおなぺっと特徴レビューまとめ記事

\現在購入できるボクおな総まとめです!!/

この記事の内容

➡ようこそ、低価格オナホのネームバリューである「ボクおなまとめ」記事へ。

この記事は「ボクのおなぺっとはどれがオススメなのか?」を全種徹底レビューした結果導きだした、

全21種類のうち6種類しかおすすめできなかった理由

を暴露しちゃいます。

・・・オナホ初心者から、歴戦のオナホーラーに愛される「ボクおな全種類」のまとめに興味のある方のみお進み下さい。

\ボクおなまとめへようこそー!!/

・・・低価格オナホといったら「ボクのオナペットシリーズ」と言われてるのはご存知ですか?

この記事では、

コスパ系オナホレジェンド的存在

の特徴を「これでもかっ!!」と、まとめあげました。

▼これが初代ぼくオナです▼

↑なんだか大したことなそさそうですよね。

・・・いや、ホント、なんだか大したことなそさそうですよね。(二回目)

・・・ふーん。

ボクおな何それ美味しいの?

・・・もしそんな方がいましたら、記事内容をみて「初代ボクのおなぺっと」だけでも体験すべきかもしれません。

オナホーラーならば避けては通れないオナホは、ボクおな

となった由縁は「低価格オナホの看板はボクおな、だから」です。

そんなぼくオナは現在16種類買えます。

▼これが買えるボクおなです!!▼

↑現在のぼくオナシリーズは種類が増えすぎて、どんな特徴があるのか、どれがイイのか、どれを買えばいいのか分かりません。

しかも、安いオナホなのでデメリットも満載なんですよね…。

↓どれがいいのでしょう…

・・・種類が豊富すぎるがゆえに、玄人向けオナホになってしまったオナホを、今現在に改めて

初めてのボクおなホーラー人口を増やすために

※イイオナホなので

とっても頑張ってまとめあげた記事内容です。

➡「初めてのぼくオナ体験」に100パーセント参考になるよう長い月日をかけて「全種類ぼくオナの特徴」を攻略したので是非お役立て下さい。

ぼくオナって、結局のところ、どれがいいの教えてエロい人…

6種類のみです。

的な内容になっていますので、

ボクおなを買う時の辞書のようなイメージ

で「失敗しない、ぼくオナ選び」の参考になれば嬉しいです。

全ぼくオナは1つ1つ詳細レビュー済なので、改めて特徴をピックアップし、人気ランキング順から、おすすめ3選まで網羅した内容です。

▼全レビュー記事一覧▼

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

レビュー記事

商品詳細

▼現在の最新作はコレ▼

レビュー記事

商品詳細 

▼結論:コレを買えば間違いなし!!▼

\1位/
ボクのおなぺっと2
ボクおな2


レビュー記事

\2位/
ボクのおなぺっと
ボクのおなぺっと


レビュー記事

\3位/
ボクのおなぺっとZERO
ボクおなZERO


レビュー記事

理由は記事内容をご覧下さい。

R18店員
R18店員
R18スタッフです!

今回はボクおなの相性で親しまれている「ボクのおなペットシリーズ」を完全攻略してイキます!

ぼくオナシリーズはハズレも多いから参考になると思うわよ。
オナちゃん
オナちゃん

まずは「ボクおなとは何者なのか?」を簡単にご説明します。

ぼくおなが人気の理由は安くてシンプルだから

\ぼくオナ=低価格が売り!!/

そもそも「ボクおなって何やねん」って方も多いと思うから、簡単な説明からね。
オナちゃん
オナちゃん

R18店員
R18店員
サクッと説明しますね。

ボクおなシリーズとは、メイトから発売されている低価格が魅力の「定番人気オナホ」です!

定番人気の理由メモ

➡ボクおなシリーズとは、低価格でシンプルイズベストな気持ち良さで繰り返し使えるオナホとして不動の地位があります。

➡「安くて気持ち良いのに繰り返し使える」オナホとして人気なのがボクおなの特徴です。

なによりも「キャッチーな商品名」は一度聞いたら覚えちゃう憎い名前ですよね。

2007年の発売から現代でも売れ続けている定番オナホです。

R18店員
R18店員
現在ではオナホ界のB級グルメ的な存在ですかね(^^;)
A級オナホではないけど、B級オナホの定番みたいな立ち位置かしらねぇ。
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
B級とかいいつつも普通に気持ち良いので「あなどらない」で下さいね。
…10年以上も売れてるオナホだから「安いからってなめちゃイカン」って聞いたことがあるわよ。
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
そうですね。

シンプルイズベストな横ヒダ刺激の決定版なので「なめちゃっちゃイカン」です(^^;)

※横ヒダはオナホ業界で主流の刺激構造です。

ボクおなの刺激と言えば横ヒダ

ボクおなシリーズの特徴と言えば「シンプルな横ヒダ刺激がイイ」と評価をつける方が多いオナホです。

▼初代の内部構造▼

↑シンプルな横ヒダストレート加工です。

この横ヒダ構造である初代ボクおなは

歴戦オナホーラーから評判が良く、

現在では定番メソッド的なオナホになり「ボクおな=横ヒダ」というイメージが付きました。

\横ヒダのレジェンドです!!/
ボクのおなぺっと
ボクのおなぺっと

ボクおなシリーズの内部構造は横ヒダが基本になっています。

↓シンプルな横ヒダが◎!!

R18店員
R18店員
さて、初代のボクおなから始まって現在は15種類ですね。
15種類って増えすぎよね。
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
…種類が多いだけならいいんですけど「ハズレが多い」のがボクおなの悪いところです(^^;)

いろいろとコラボしたりして良作じゃないボクおなが多いから注意が必要なんです…

ボクおなって、すーぐコラボするのが特徴でもあるのよね。

次はボクおなの種類を見ていきましょう。

オナちゃん
オナちゃん

系統別にボクオナシリーズの種類を解説

R18店員
R18店員
まずは「ぼくオナシリーズの種類を5つ」に分けてみました!
  • 廃盤系
  • コラボしている系
  • ハンドサイズ系
  • 中型ハンドサイズ系
  • オナカップ系

ぼくオナは主に上記の5種類に分けられるので特徴を見ていきます。

コラボ系ぼくおな

▼現在買えるのはコレ▼

上記の4種類は現在買えるぼくオナのコラボしているタイプです。

  • 通販サイト「NLS」とのコラボ
  • 通販サイト「通販大魔王」とのコラボ
  • リグレジャパンとのコラボ
  • ホットパワーズとのコラボ※廃盤

—廃版になってしまったのは5つ—

廃盤品も含めると21種類もあるのね。
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
この記事では廃盤になっているぼくオナはレビューしてないのでご了承ください(^^;)
それは買えないのだからしょうがないわね。

それにしても、ぼくオナシリーズはコラボ系が多いのも1つの特徴よね?

オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
ここまでコラボしているオナホって他にありませんね。

それだけ、ぼくオナに価値があるってコトです!

※価値のある商品でないとコラボできません

そうね。

ぼくオナブランド名が使いたいから他メーカーからコラボ依頼がくるって流れね。

オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
恐らく日本一クラスでコラボしているぼくオナシリーズに少し興味を持って頂けましたか?

ではもう少し詳しく見ていきましょう!

\ボクおなの全系統を確認します/

ボクオナ全種類

ボクおなは3つのサイズで分類できます。

小型ハンドサイズ系

▼現在は9種類▼

➡ぼくオナの顔となるサイズ感で、低価格オナホの定番品です。

ボクおなが始まった原点になるため種類が一番豊富で「このサイズ感が基本当たり」です。

上記の9種は小型かつ繰り返し使えるのが人気で、基本的に1000円以下で購入できるのが売りです。

ですが、肉薄で耐久力がないので50回使えるか?と言われたらNOです。

※使い方次第です!!

中型ハンドサイズ系

▼現在は5種類▼

小型サイズが気に入ったら手を出すのもあり?

中型サイズのぼくオナは残念ながら「快感性能は並み程度で、値段以上の良さを感じるようなオナホではない」です。

ぼくオナブランドで大事な要素である、

安くて気持ち良いという魅力を失っている

ので、良くも悪くも普通のオナホなのが中型ハンドサイズです。

▼小型サイズと中型サイズの差▼

➡ここで覚えておいてもらいたいことは1つです。

ボクおなシリーズは小型オナホのレジェンドではありますが、中型サイズの場合「ぼくオナブランドである意味がない」ので、他を買った方が良いです…。

オナカップ系のボクオナ

▼現在は2種類▼

➡このカップ系は使い捨てタイプのぼくオナです。

ボクおなシリーズの魅力は「安くて繰り返し使えるオナホ」なので、使い捨てのカップ型はオススメしにくいです。

小型サイズのぼくオナを選べばいいのね。
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
ぼくオナブランドの特徴が3つですから、それが適っているサイズ感が小型サイズだけなんです(^^;)

ぼくオナブランド3つの特徴

  • 1000円以下で買える
  • シンプルな横ヒダ刺激
  • 肉薄だが繰り返し使える

上記の3つがぼくオナブランドの良い点なので「小型サイズのみ」がオススメです。

ボクおなの本家は小型サイズってことね。

それにしても、こんなに種類があるボクおなは基本どこで買うのがお得なのかしら?

オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
ボクおなは基本的にNLSで買った方がいいですね。

NLSを知らない方のためにサクッとご説明します!

R18スタッフはNLSで買ってますので、簡単にNLSのメリットを説明します。

ボクオナシリーズはNLSが買いやすい

NLS購入がオススメな理由

\ぼくオナ=NLS/最新情報自動更新バナー

  • ほぼ全てのボクオナを取り揃えている
  • 最安値に近い価格設定
  • 最大12%のポイント還元率
  • 返品交換期間が通販サイト最長の8日間

➡ボクオナはついで買いしたい商品だからこそNLSをオススメしたい。

ボクオナはメインで買う商品というよりは、送料無料ラインの金額調整のために購入したり「ついで買い」がオススメです。


➡通販サイトを利用する際に送料無料ラインの調整で優秀なオナホ

だと思っているので、メイン感覚で買うよりは「おやつ感覚でついで買い」に最適な商品と思ってます。

▼NLSの特徴はコチラ▼

NLSには全種類のぼくオナが取り扱いあるの?
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
通常販売されているボクおなが全種類揃っているのはNLSだけです!

NLSで売ってないのは2つだけ

➡上記の通販大魔王コラボのボクオナ以外はすべてNLSで安く購入できます。

…通販サイトであと500円買えば送料無料なんてことがある時に重宝するオナホね。
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
金額調整するオナホ。

って勝手に呼んでます…(^^;)

まぁ、それだけ「ついで買いしたくなるような魅力がある」ってことよね。
オナちゃん
オナちゃん

次から、ぼくオナ全種類のレビューまとめです。

ボクのおなぺっと全種類レビューまとめ

\全種類特徴網羅します!!/

↑これ、全部攻略しましょう。

R18店員
R18店員
ではでは、ぼくオナを発売した順に特徴をまとめますね!!
ここから先は、1つのぼくオナにつき特徴とポイントを押さえてるから「どのボクおなを買うか選ぶ時」に役立つ内容かもしれないわね。
オナちゃん
オナちゃん
ボクおなの歴史を感じながら全種類の特徴を見ていく流れね。
オナちゃん
オナちゃん
R18店員
R18店員
その通りです!

では「全種類ぼくオナレビュー結果の特徴まとめ」をどうぞー!!

ボクのおなぺっと:初代レジェンドオナホ

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\低価格オナホのレジェンド!!/
ボクのおなぺっと
ボクのおなぺっと
 

  • 2007年から現代まで売れ続けている化物
  • 低価格オナホの金字塔となった実用性の高さ
  • 王道な横ヒダ刺激のシンプルイズベスト刺激

ポイント

➡一度は使っておきたい低価格オナホの決定版です。

「小さめのサイズ」や「素材の薄さ」などの弱点はあれどボクオナシリーズを不動にしたキングオブぼくオナがコレです。

内部ギミックはシンプルな構造のみで、

まるでオナホの無印良品やー

なんていう、食レポで聞いたことあるような雑な表現がピッタリの「シンプルな良さが際立つオナホ」です。

\詳細レビューはコチラ/

ボクオナDX細ヒダタイプ:中型サイズの最高峰

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

  • 通販大魔王とコラボした中型のボクオナ
  • 中型サイズでは最高峰の出来栄えを誇る
  • 価格が2000円台と高額なのが惜しい

ポイント

➡初代ぼくオナの魅力をそのままに、中型サイズのボクオナへ進化!

初代では体験できなかった素材の肉厚な包み込みを体験できるモデルです。

ボクおなファンなら満足

できる刺激感ですが、値段を考えると価格相応とも言えるため、中型サイズはどうしてもオススメはできません。

\詳細レビューはコチラ/

ボクオナDXウェーブタイプ:まったりヒダ刺激オナホ

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

  • 通販大魔王とコラボした中型サイズのボクオナ
  • ヒダが大きく角がなく、まったり刺激が特徴
  • ウェーブ構造なのにウェーブ感は感じられない

ポイント

➡ウェーブ感に期待してはイケない…

商品名にあるウェーブ感とは…と、問いたくなる刺激感は大きめヒダのまったり系です。

ウェーブ感を抜きにして考えればアリ

なのですが「ウェーブ感に期待して買う」なんていうユーザーの想いは裏切ってしまうと思いますね。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと2:低価格ロングオナホの決定版

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\低価格ロングオナホの定番!!/
ボクのおなぺっと2
ボクのおなぺっと2
 

  • 初代ボクおなを3センチロング化させたver
  • 内部構造は大きめのV字溝でまったり刺激
  • 低価格ロング系オナホの定番であり不動

ポイント

➡低価格ロングオナホといったら…どうしてもコレの名があがる。

長さが16.3cmで重量が189gのサイズ感は「低価格オナホは小さい」というイメージを覆しました。

ボクおな2はペニスの根本まで挿入しても底を突く感覚はなく、深いストロークを楽しめる低価格オナホの定番です。

俺、デカチンなんだよね

なんて方にピッタリな性質かもしれません。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっとクイーン:異質な存在

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\パケの子誰やねん!!/
ボクのおなぺっとクイーン
ボクのおなぺっとクイーン
 

  • 唯一リアル女性をパッケージに採用したモデル
  • 弾力のある素材でキツマン仕様の使い捨てタイプ
  • ボクおなの特徴である横ヒダが無いのが致命的

ポイント

➡ボクおなシリーズの意味がないオナホです。

商品名に「ボクのおなぺっと」とあるだけで、気になる点と言えば

パっケージのギャルは今、何歳になったのかな

ぐらいなもんです。

もちろん、刺激はボクおなの特徴もないので存在価値が難しいと言えます。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと2 MiNi:ロング化したオナホをミニマムへ

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\約400円で買える!!/
ボクおなMiNi
ボクおなMiNi
 

  • 初代をロング化したボクオナ2をミニ化させたver
  • 10cmの小さいサイズ感はギリ使える感じ
  • 小さくなったので耐久値が低い

ポイント

➡約400円で買えるネタ枠のオナホかと思いきや…

使ってみると意外と気持ちいいです。

オナホの性能としてどうなの?

って文句を言ったらキリがないですが、400円で買えるなら文句は言えませんよね。

\詳細レビューはコチラ/

ボクおなMiNiMiNi:一番小さい約300円のオナホ

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\約300円で買える!!/
ボクおなMiNi
ボクおなMiNi
 

  • 10円玉4枚分の大きさがシリーズ最小
  • 素材が薄いので手コキ感が強い
  • オナホとしての機能は最低限

ポイント

➡300円のオナホに求めるは何かが問題。

挿入するだけで素材が切れてしまうのではないか…と、思うほど小さいオナホです。

手の圧力がもろに伝わるので「手コキ+ヒダ刺激」の使用感は

オナホ感を求めると失敗

しますが、これはこれでアリなんだよな…と思ってしまう憎い存在ですね。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと3:欲張った結果失敗してるオナホ

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\スパイラル構造モデル/
ボクのおなぺっと3
ボクのおなぺっと3

  • ヒダ刺激が弱くまったりとした使用感
  • せっかくのスパイラル構造が肉薄で弱い
  • 要素を入れすぎて刺激バランス感が悪い

ポイント

➡色んな要素を入れた結果、本末転倒になってしまったボクオナです。

ぼくオナと言えば「横ヒダ&低価格」を鉄板にしてほしいのですが、そこにスパイラル要素をいれたことで「ぼくオナらしさが欠落」してしまった印象です。

肉薄ではスパイラル構造を活かしきれないので中途半端になってしまい

無理に要素を追加すると失敗する

なんて言葉が当てはまってしまったオナホかもしれませんね。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっとZERO:1つの完成系10周年モデル

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\約600円で買えます!!/
ボクのおなぺっとZERO
ボクのおなぺっとZERO
 

  • ぼくオナ10周年記念モデルで完成度が高い
  • ぼくオナシリーズの良いところを総取りしている
  • 10周年にふさわしい低価格オナホのキング

ポイント

➡10周年モデルにふさわしい性能を持ったボクオナと言えます。

今までのぼくオナで培ってきたシリーズの良いところをギュッと凝縮し、更にコリっと引っかかるリングパールを追加。

これがぼくオナの本気

なんて思わせてくれる初代ボクオナの正統進化版です。

ですが、初代ぼくオナを使ってないと進化した感じが分からないので、ここからは入ってほしくないな…なんて思ってたりします。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと2 ぐれいと:複雑構造のぼくオナ

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\新ギミックだらけ!!/
ボクのおなぺっと2 ぐれいと
ボクのおなぺっと2 ぐれいと
 

  • ぼくオナ2をベースにした中型サイズ
  • 新ギミックを搭載し別物へ
  • メンテナンス性能が悪い

ポイント

➡内部構造に3連リングパールや極太ストリングスを追加。

ぼくオナシリーズの新しい挑戦のような感じで、ぼくオナ好きなら別物になっているので注意が必要です。

内部構造は複雑であり、サイズが18.5cmとロングサイズ、更にメンテナンスが大変なのが弱点。

気持ち良いけど、ぼくオナに求めてるのはコレじゃない感

が強いオナホかもしれませんね。

\詳細レビューはコチラ/

ポクのおなぺっと:NLSコラボのずるいモデル

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\NLSでしか買えません/
ポクのおなぺっと
ポクのおなぺっと
 

  • NLSとコラボしたボクオナ
  • 今までのボクおなの良い所どり
  • 特に弱点はないがNLSにしかない

ポイント

➡ぼくオナファンから愛される出来栄えです。

このモデルを開発したのは「ぼくオナファン」という事で、今までに発売された人気仕様を集結しています。

綺麗にまとまったぼくオナらしさ

になっており、ぼくオナシリーズの正規ナンバリングでないのが惜しいほどの存在です。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと リグレちゃん:4連子宮口ギミック搭載

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\リグレジャパンとコラボ!!/
ボクのおなぺっと リグレちゃん
ボクのおなぺっと リグレちゃん
 

  • リグレジャパンとコラボしたモデル
  • ぼくオナ初の4連子宮口ギミックを搭載
  • 価格が1000円以上なのだけ惜しい

ポイント

➡短いオナホに4つのコリコリ刺激を入れ込んだ結果、気持ち良い。

絶え間なくコリコリっとした刺激が襲ってきて

ぼくオナのコリコリモデル

と考えると、満足感のある射精ができるパワーも持ってます。

ですが「ぼくオナ小型シリーズで一番高い」ので、ぼくオナの大事な要素である安さが欠落しています。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと Sweetie:オナカップとしては有能

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\オナカップとしては◎/
ボクのおなぺっと Sweetie
ボクのおなぺっと Sweetie
 

  • 約400円で買えるオナカップ型
  • 横ヒダ刺激ではなくイボの刺激がメイン
  • 使い捨てタイプだけど繰り返し使える耐久力

ポイント

➡ぼくオナ感を期待しなければ優秀なモデルです。

ぼくオナらしさ皆無

ですが、イボのコリコリ感は気持ち良く、価格を考えるとオナカップの性能が高いです。

非推奨な使い方ですが「洗って使い回せる耐久力」もあり、低価格なオナカップを探していれば普通にオススメできちゃいます。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと4:釣鐘ギミック特化

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\釣鐘ギミック搭載/
ボクのおなぺっと4
ボクのおなぺっと4
 

  • ぼくオナ最大級の396g中型サイズ
  • 挿入口付近にある釣鐘ギミックは優秀
  • 密着感が弱く釣鐘以外の刺激は皆無

ポイント

➡釣鐘ギミック、なにそれ。

はい、それが普通なのですが、内部構造は新しい挑戦が搭載されている感じです。

このオナホ、別にそんな悪くはないんですが「ぼくオナで販売してほしくなかったなぁ…」なんて思ってしまいます。

「今までに積み上げてきたぼくオナブランディングで売っている感」が強くあり、個人的にはおすすめしにくい結果となりました。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと Biginning:低価格オナホの限界を感じた

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\4つのギミック搭載/
ボクのおなぺっと Biginning(ビギニング)
ボクのおなぺっと Biginning

  • ぼくオナの2021年モデル
  • 小さいのに4つのギミックを搭載
  • 過去の構造の寄せ集めた結果イマイチ

ポイント

➡ぼくオナシリーズの限界地点を感じました。

ぼくオナシリーズの良さはあくまでも「低価格、横ヒダ刺激、繰り返し使える」ことだと思います。

低価格オナホにできる事は限られている

ので、なんか頑張っていろいろ詰め込んだ結果、パッとした特徴が無く、個性がない平凡な仕上がりに…。

そろそろ「ぼくオナシリーズに代わる不動のシリーズを作った方がいいんじゃないか」と思うようなオナホですね。

\詳細レビューはコチラ/

ボクのおなぺっと ふぉ~えば~:もう限界ぴよぴよなのかも

▼写真ギャラリー▼

▼使っている様子▼

特徴3選

\段差突起イボヒダの中型オナホ/
ボクのおなぺっと ふぉ~えば~
ボクのおなぺっと ふぉ~えば~
 

  • ぼくオナ中型タイプで約500gある
  • ペニスの当たり方により快感が変わる段差イボ搭載
  • ボクオナらしさ× 単体オナホとして考える〇

ポイント

➡ぶっちゃけ、ぼくオナシリーズの中で最もボクオナ感が薄いです。

アイデンティティである「小型で細ヒダをコスパよく楽しめる」の真逆を行くような存在になっているのが今作です。

今まで大小ありながらも初代から続いていた細ヒダが完全になくなり、別物とも思える仕上がりです。

ボクおなシリーズの知名度を使って、普通の良作オナホを販売してきた印象が強く残りました。

15年以上続いたシリーズですが、ここまでよくシリーズをコスってきたものです、もう限界が迫っているような印象ですかね…。

\詳細レビューはコチラ/


R18店員
R18店員
これで現在手に入るボクおなの特徴は以上です!!

あくまでも個人的なレビュー感想でしかない点をご了承くださいね。

参考程度であってオナホの使用感は人それぞれよね。
オナちゃん
オナちゃん

\以上、ぼくオナまとめでした/